モーゼの墓(伝説の森公園 モーゼパーク)

公開日: : 最終更新日:2020/02/12 石川県 ,

日本の石川県にモーゼの墓があるとかないとか。

モーゼとは、旧約聖書の出エジプト記にでてくる預言者で、祈りで海を割り、シナイ山で神から十戒を授かったとされるのは映画でも有名ですよね。


   


最終的にモーゼはカナンを目指していましたが、たどり着くことなく亡くなったと言われているのですが・・・。

そのモーゼのお墓がなぜ石川県にあるのでしょうか?

オカルト好きにはお馴染みの(トンデモ)古文書「竹内文書」によれば、モーゼはシナイ山に登った後、天浮船に乗り、能登に到着したということらしいのです。

この竹内文書は竹内巨麿により公開された古文書で、奇想天外な日本の歴史が書かれており、今もオカルトマニアには大人気。
この文書で更にその先を探ると、モーゼは天皇家の姫と結婚して538歳まで生きていたそうです。

ただ実際行ってみると、モーゼの墓は案内板も全然ないので、道にまよわないようにして下さい。

モーゼの墓があるモーゼパークは、観光地としてのやる気もあまり感じられず、残念ながら人の気配もまばら。

それと急勾配の舗装されていない道を進まなければならないので、モーゼパークや墓に行く時は、歩きやすい靴を履くことと、登る際は両手をあけておかないと危険なので、女性はハンドバックでは行かない方が良いです。

モーゼの墓(伝説の森公園 モーゼパーク)の詳細情報


モーゼの墓(伝説の森公園 モーゼパーク)の主なご利益・こぼれ話

・考古学ロマンをくすぐられる(有名大学の歴史・考古学関係者も訪れている)
・最寄りの宝達駅から近い(電車で20分くらい)羽咋駅でジョジョ石が見られる


ジョジョ石

実は・・・行ったことあります。

最寄りの宝達駅からタクシーでモーゼパークまで行ったんですが、道すがら運転手さんが「モーゼって、本当にここ来たんかなあ・・・」と、自信なさげに言ってました。

地元の人も全く信じてはいないんですね(笑)。

モーゼパークが出来たころには、モーゼにちなんだワインもお土産としてあったようで、ボトルの見本が寂しく駅のディスプレイコーナーでホコリを被っていました。もう生産されていないですね、これは。

一人で行ったんですが、シャレにならないくらい人の気配がなく、ちょっと怖かったです。

モーゼの墓はパーク内の小高い山を登ったところにあり、途中に記帳所があるんです。

ノートをパラパラとめくってみると、知っている名前の大学名もポツポツ見かけたので、冷やかしだけでなく真面目な人たちも訪れているようでした。

モーゼの墓自体も白木の卒塔婆のようなものが立っているだけで、これといった装飾もありません。

せっかくこんな公園まで作ったのに、肝心のモーゼの墓が意外なほど質素で、それが逆に「本当に何かあるんじゃないか」という気もしてきて、なかなかに不思議なスポットでした。

それとモーゼの墓は結構な山道なので、熊が出る時期は、絶対一人ではいかない方がよいです。

実際「熊に注意」みたいな看板もあったような気がします。

また宝達駅からモーゼパークまでは、ほぼ一本道なので、ちょっと遠いですが徒歩でも行くことは可能です。帰りは駅まで歩いたんですが、30分くらいかかったと思います。


所在地

〒929-1303 石川県羽咋郡宝達志水町河原 (HP


超ムーの世界R

護符は「庶民のお守り・お呪い」

護符は「庶民のお守り・お呪い」

恋人が欲しい、結婚したい、健康を取り戻したい、もっとお給料を上げたい、お金持ちになりたい・・・。

人には誰にでも、胸に秘めている叶えたい願望があるのではないでしょうか。そんなとき、パワースポットを訪れて元気をもらう方もいれば、もっとまっすぐで強力な方法を求める方もおられるかと思います。

そして、そういった方に試していただきたいのが「護符のパワー」です。

護符とは、たとえ誰にも話せないような願望であっても、それが他の人を傷つけたり、誰かの不幸を願うような願望でない限り、あなたの願望に応じて、その時最もふさわしい方法で、あなたの進む道を拓いてくれるもの、いわば自分専用のお守りのようなものです。

恋愛運を上げる護符現在「京都 かなえや」さんというところで、陰陽道の修行を積んだ巫女さんがその護符を書いてくれるのですが、もしかしたらパッと見は「呪文のようなものが一杯に書かれた、怪しいおふだ」にしか見えないかもしれません。

護符は確かに日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、実は台湾や香港などでは、持っていない人を探す方が難しいほど、人々の生活に溶け込んでいる“庶民のお守り・お呪い”のようなものなのです。

さらに護符は特に力(験)のある人物によって書かれたものが良いとされているため、本場の台湾などでは、ご利益があると評判の護符になると、何万円もするものも珍しくありません。

そんな自分だけのために作成された護符を密かに(人に見られると効力が落ちるとされています)持ち歩き、自らの願望を込めることで望ましい道を拓く・・・そんな護符のパワーを私自身、実感した体験があります。

私の護符パワー体験談はこちら >>

開運の護符・霊符販売所 京都 かなえや >>

関連記事

ataka-sumiyoshi

安宅住吉神社(あたかすみよしじんじゃ)

歌舞伎の勧進帳の舞台として有名な安宅の関のそばに、難関突破のパワースポットとして有名な、安宅住吉神社

記事を読む

shirayama_hime

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)

白山比咩神社は全国におよそ2000社ある白山神社の総本社で、紀元前91年の創建です。 石川県のほぼ

記事を読む

keta-taisha

気多大社(けたたいしゃ)

気多大社は、石川県羽咋市にある神社で「入らずの森」と呼ばれる原生林があることで知られています。また「

記事を読む

kinkenguu

金剱宮(きんけんぐう)

船井総研で有名な経営コンサルタント・船井幸雄氏が「お金に困りたくなかったら、ここをお参りするといい」

記事を読む

suzumisaki

珠洲岬(すずみさき)

珠洲岬は石川県能登半島の北東端にある禄剛崎、金剛崎、長手崎などの岬の総称で、その中でも金剛崎は「聖域

記事を読む

kanazakura
金桜神社(かなざくらじんじゃ)

金桜神社は山梨県甲府市にあるパワースポットで、名前のとおり金運アップと

minobusan_kuonji
身延山久遠寺(みのぶさん くおんじ)

山梨県の霊験あらたかな、信仰の山にあるのが身延山久遠寺です。 身

kinomiya
来宮神社(きのみやじんじゃ)

来宮神社は和銅3年という、もう何年前だかよくわからないほど前に創建され

mishima_taisha
三嶋大社(みしまたいしゃ)

三嶋大社は静岡県三島市にある商売繁盛・仕事運にご利益がある神社として有

izusan
伊豆山神社(いずさんじんじゃ)

伊豆山神社は源頼朝と北条政子の愛が育まれた場所としても有名な、恋愛・縁

→もっと見る


  • 「手書きの護符」の知る人ぞ知る効果については、この記事を読んでみてください


    金運アップのお守りに ルチルクオーツリング 11号
    金運アップのお守りとして知られる、ルチルクオーツのリングはジャラジャラした開運ブレスはちょっと…という方にもおすすめ。
PAGE TOP ↑